入院〈2日め・手術後〉

子宮筋腫全摘出手術の記録
子宮筋腫全摘出手術の記録

《お食事中の方は、内容にご注意ください》

手術台の上で、パチッと目が覚めると「◯◯さーーん、終わりましたよーー」と、
そぉーっと(おそらく)先生のやさしく、やわらかい声が聞こえました。

近視・乱視のため、そのときに見えていたのは、ボンヤリとした天井の白い光。
しかし、一瞬にして目を開けていられないほどの痛みに気づいてしまうのです。

腰が、ずどぉぉぉーんと重たく恐ろしい下腹部痛と便意と気持ちわるさに襲われ
大きい方を催してしまい必死でガマンするも、どうしてよいか分からなくなり
「イタイ!イタイ!」「キモチワルイ!キモチワルイ!」「タスケテクダサイ!」
「ナントカシテクダサイッ!!」としきりに喚き(わめき)つづけていました。

……麻酔のエアポケット??

同時に寒気で、身体が浮いてしまうほど肩がガタガタと大きく震え出し
先生や看護師さんたちに、おさえつけていただいていました。

・・・

以前、開腹手術をしたときは手術中に目が覚めてしまい(!)
先生に「あれ、目が覚めちゃいましたか?」と驚かれ
「ノドが渇きました」と口にしたのを憶えています。
もちろん、スグにまた麻酔が効きはじめて眠りましたが……。

そのときも、手術から目覚めたときも、痛みは感じませんでしたが
その代わり、副作用による頭痛と喉の渇き、背中の痛みがツラかったです。

・・・

病室のベッドに移していただいた後も、熱にうなされつづけます。
カーテンは閉められ部屋の灯りも消されていて暗くなっており、
いま何時なのかも分からないまま、とにかくツラかったです。

もしも今回、筋腫のみを取る“核出手術”をしていただいたとして、
不運にも数年後に再発した場合は“全摘出”になるとのことでしたが
二度と同じ思いはしたくない、全摘出を選んでヨカッタ……と強く思うのでした。

ふくらはぎの辺りには、血栓予防のフットポンプが付けられていました。
「プシューーッ!……プシューーッ!」と大きな音を立てながら
膨らんだり空気を抜いたりを繰り返す、この耳慣れない装置音に加え、
例の冷蔵庫のモーター音、そして何より手術後の興奮で一睡もできず。。

そのような中でも、夢は見ていたので少しは寝ていたのかもしれません。
ただし、これが字のごとく“悪夢”のようにループする内容だったのです。
延々と話が同じところへたどり着く夢と熱にうなされ疲弊しました。

寝返りを打てない中、落ちつかず膝を曲げたくなり度々動かしていると
ポンプの位置がずれて、かかとを締め付けられてしまい痛くなり、
ナースコールをして、看護師さんに直していただくこともありました。

さらに何度かナースコールをしては、
看護師さんに「気分がわるいです……」と伝え、
吐き気止めの薬を点滴に追加いただいたおかげで、
胃のムカつきはあったもののなんとか吐かずにすみました。

何回か、検温もされていた気がします。
37.8℃、38.2℃、37.2℃、37.5℃………

平熱が低めの私ですが、一生懸命がんばって何かと戦ってくれていると思い、
熱の高さもガマンと言い聞かせながらも、はやく夜が明けてほしかったです。

・・・

〈スポンサーリンク〉